ロサンゼルス日和り

東京からロサンゼルスへ、暮らし、旅、食にまつわる日々の記録

人工授精一週間後の憂鬱

人工授精一週間後。

 

そろそろHCGの線がうっすら見えてもいいんじゃないかと思い、ここ連日フライングチェックしています。

 

でも、線は全く見えず真っ白。。。

 

最初の数日はHCGショットの影響かまだ薄く線が見えていたのですが、それも消えてしまいました。。。

 

まあ、人工授精の成功率を考えればそこまで気にすることではないのかもしれませんが、

やはり真っ白なHCGチェッカーは見ていて切ない気持ちになりますね。

 

アメリカでの不妊治療の壁の一つは金額。一回分セットの人工授精で今回は$1,300しました。(約13万円) それだけのお金をかけて成功率5-10%。一生懸命毎日働いても、全てのお給料がIUI治療に消えていきます。

 

恐らく似た悩みを持っていらっしゃる方もいるかと思いますが、このやるせなさと、先の見えにくい状況についイライラしてしまう私は未熟者だなと反省しつつ、だからといってStress eatingをしてジムをさぼるのはよくないなとこれまた反省。。。汗

 

いろいろな方達のブログを見て、励まされたり、落ち込んだり、慰められたりしながら、一歩ずつ前へ進んでいくのみ、と今は言い聞かせています。